子供をモデルにするために!


子供モデルの育て方

p( ̄^ ̄)q エッヘン!! ← 偉そう、、。

では、始めます!子供をモデルにする為に親が心がけること。。 

現在、子供に芸能レッスンに行かせているママさんもいることでしょう。( ̄▽ ̄)

調べると有名子役の母親は、正直なところかなりやり手の人が多いみたいです。

安達祐実さんのは母親で安達有里さんは、ステージママで有名なところ。

事務所関係者によれば、子役のイメージが強かった祐実ちゃんにセクシーグラビアをさせてイメチェンさせたのは、安達有里さんの提案だったんですって。

やりますな、、まま、お茶一杯 ( ̄ノ日 ̄) ズズズゥ。。

さて、気にせず、次いきましょう!

あと、えなりかずきさんの母親もステージママでは、かなり有名とか。

「渡る世間は鬼ばかり」のドラマの撮影中に、他の番組でえなりさんの「渡る世間は鬼ばかり」のドラマのリハーサル風景撮りがあり、その時にえなりさんの母親が勝手に、ドラマのセットを動かしていたことで、泉ピン子さんが激怒したんですって。

それで、えなりさんの母親は、彼女に「文句を言われる筋合いはない」と反論したとか。

それ以来、ピン子さんとえなりさんは補修の出来ない関係となってしまったとか言われているんですけどね、えなりさんのお母さんは、かなりやり手で有名らしいですよ。

あと、宮沢りえさんの母親も有名ですよね。

宮沢さんのお母さんは、豪腕マネジャーとして周りが恐れられてた存在。
ある意味、10代のりえさんに、ふんどしカレンダーとか、全裸写真集『サンタフェ』を発売させたり、プロデュサー的な能力も長けてたと有名なんです。

知名度のある芸能人やスタッフにには、必ず宮沢さんを接近さて「宮沢りえ」という商品価値をアップさせるという能力もあったって噂もあります。

子供店長で有名な加藤清史郎君や、中村獅童さんの母親もステージママらしいですね。

ステージママというと、あまり良い印象はありませんが、ただ能力が郡を抜いて長けていた場合は、逆に認められる存在になるということでもあるんですけどね。

そういう存在のママはなかなかいないので、中途半端なステージママだと、行く末仕事がなくなる可能性があるので、ご注意くださいませ。(‘∇^d)

番外編

=日常生活でのレッスンに通う中で特に子供にさせた方がよい心がけ=

子供が、自己紹介や挨拶は1人でもしっかりできるように、またそれを親が強制せずに、本人の意志で出来るように訓練させることなんですって!

(家で常に練習させて、保育園などで自分から挨拶できるように、内容はできるだけ本人に内容を考えさせて、挨拶がきるよう普段から心がけることが子供の為になるので、させておきましょう!)

ではでは今日はここまで ヾ(´ー`)ノ バーイ


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ