子役オーディション三次選考


オーディション三次選考

オーディションの三次選考では、ある意味優秀な人が集まります。٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

演技のうまい人や、表現力のある子ども、歌が上手い、挨拶がハキハキしていて、可愛いなどここで、緊張してしまうと、良い部分が表現できなくなるのでママさんは、子供が緊張していないか様子をまず、確認しましょう!

子供よりも、ママさんが緊張してしまう場合もあるので、そういう時は大きく、行きを鼻から吸って、息をゆっくり時間をかけて出すようにします。 (灬╹ω╹灬)┣¨キ┣¨キ*

これを落ち着くまで続けましょう!(๑◔‿◔๑)

不思議と落ち着いてくるので、子供が緊張しているようなら、同じようにさせましょう!

後は、何か緊張が解けるような、面白い話など(パパの事や、学校の事、家での事)を前もって用意しておきましょう! ⁽˙³˙⁾◟( ˘•ω•˘ )◞⁽˙³˙⁾ばぁ


【 オーディション 内容 】

1、セリフテスト(二次選考と同じ)

2、聞かれた事に答える

・なぜ応募したのか?なぜ俳優になりたいのか?なぜ歌手になりたいのか?
好きな俳優は?尊敬する人は?等の基本的な事に答えられるよう事前準備を忘れないように、練習しておきましょう!

三次選考での合格者or準合格者は面接あり

ケースバイケースで、事務所を決定する場合もあれば、レッスンを受ける具体的な話など様々。

例えば合格はしなかったが、準合格などと言ってレッスンをお金を払って受けれますよ。というパターンがあります。

よく知らない人は、この手のパターンで入会金で20万以内、月2万以内でも高いと感じますが、それならかなり良心的な方、普通に30万、40万はざらにあります。(☝◞‸◟)☞ソウナンデス。

ただ、その学校なりが、キチンとしているか検討の余地はあります。

即決せずに自分の財布と、その学校が信じられるかなど調べてから返事をするのが得策なので、「いつまでにご返事すれば良いですか?」と確認の上、検討する時間をとるようにしましょう。

およそ、こんな感じでオーディションが行われます。(◍•ᴗ•◍)

若干、これがセリフテストが歌に変わったり、リズムテスト(リズム感があるかどうか)等が入る場合もあります。

場合によっては水着審査だったりすることも稀にあります。

雑誌などのモデルのオーディションなどでは歩き方を見る場合もありますので、オーディション前に内容を確認しておきましょう。(๑•﹏•)いつやるの? ლ(ಠ_ಠ ლ)今でしょ!


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ