芸能プロダクションの裏事情


業界の裏事情

一人タレントを売りだすのに、事務所がかけるお金は莫大。

どういうことかと言うと、売れるかどうか分からない人にお金を下手に投資できないので、モデル等の大きなオーディションで注目された人に対して投資するのが今の現状なのですね。(゚∇^d)

なので仮に事務所に入っていたとしても、オーディションに出して、オーディションで注目を集め大きなチャンスを掴むことが多いんです。

では、まだ事務所に入っていない自分たちはどうしたらいいの?ってことですよね。

特別な才能がある。外見が特別に可愛い、コネがあって、押してもらえるとか以外は、段階を得て、チャンスを掴む方が確実なんですね。(⌒ー⌒)

例えば、中川翔子ちゃんも5才の時から戦隊ものに出演していたり、

また宮崎あおいさんや三浦春馬さんは、4歳でドラマでデビューし、

生田斗真さんは12才でNHK『天才てれびくん』に、てれび戦士として出演
してたりするんですよ。

鈴木杏さんや、小栗旬さん、大島優子さんも、小学生の頃から子役として芸能活動していたのは、わりと有名。

市原隼人さんも意外と、小学生でCMに出ていたり、
またウエンツ瑛士さんも実は、4才でモデルデビューしてたりするんです。

意外でしょ。。(‐^▽^‐)

番外編では、小学生で沖縄のアクターズスクールに通っていた安室奈美恵さんや黒木メイサさん。

三浦春馬さんも4歳で子役デビュー後にアクターズスタジオに通ってたんですよ。

結構、今有名な俳優さんや女優さんも、意外と子役でデビューしてたんですね。

あの、マイケル・ジャクソンも、5才からダンスや歌などのレッスンを受けてたとか。。

元々能力のある子どもでも、親の条件が揃わなければ開花しないので、自分の子供を芸能界に入れるなら、極力早めにレッスン等を受けさせ、子供の能力を早いうちに開花させてあげましょう!

どこかの事務所にうまく、入ることが出来ても、更にそこから、仕事を回してもらえたりまた売れるようになるかは別問題ですからね。

首尾よく売れるようになるには、それなりのバックアップが必要になり、お金が裏で動く必要があるんです。

なので、そう言った環境に自分の子供をしてもらうためには、子供が他の子供よりも注目される必要が出てくるので、結局事務所に入ってもオーディションを受ける事は必須!

これは特に大きなオーディションなどで、履歴書に記載する前歴などで注目を作る為にスクールに入る、地方事務所に入るなどしてスキルを作ることが質の良いオーディションを受ける段階的方法なのです。いきなり素人が、大きなオーディションでチャンスを掴むには、さすがにポイントもしらず、行き当たりばったりでは、なかなか難しいでしょう?

子役ではないけど、浜崎あゆみさんや、蛯原友里さん、藤原紀香さんも、地方でモデルをしていて、その後本格的にデビューしてますしね。

段階的に狙った方が、ハードルは低くなるのでおすすめします!o(〃^▽^〃)o

ちなみに番外編でデーモン小暮閣下は、小学生の時、実は劇団ひまわりに属していて、業界デビューしています、笑。

坂上二郎司会のラジオ番組で、坂上のものまねで『学校の先生』を歌ったらしいですよ。ヾ(~∇~;)ママジデスカ?


コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ